写真ブログ(byマサルッチ)

他社ブログから移転してきました。よろしくお願いいたします。(6/16)

マサルッチです。


これまで隔週で定期更新をしてきましたが、

3月中旬頃からなんか急に忙しくなってしまい

なかなか更新ができなくなったため、当面の間は

不定期での更新とさせていただくことにしました。


急に更新を止めてご心配をおかけし申し訳ありません。

そう遠くないうちに更新を再開する予定でいますので、

今後ともヨロシクお願いいたします。




マサルッチです。


今回も、引き続き、2020年に撮っていた

夕景の写真をアップします。


今回の場所は、東京・八王子のひよどり公園。

前回のひよどり台公園と名前が似ていますが、

歩いて10分位離れた所にある別の公園です。

高尾山の右稜線上に顔を出す富士山の山頂を
北東側の入口付近から臨むことができます。


撮影日は、 2020年12月21日(冬至)です。

ここもダイヤモンド富士が見られるエリアを

僅かに外れていますが、多分、冬至前後なら

夕日が富士山を掠めるのでは?と妄想し続け

NGだった2018年以来のリトライでした。(※1)


写真は、全7枚です。

到着時は、太陽と高尾山だけが見えていて、

富士山は霞の向こう側な感じでしたが、

時間が近づくと富士山のシルエットが登場。

富士山を掠める太陽を無事確認できました。


今回の写真もよかったらぜひ見てください。




----------------------------------------------------

↓今回の写真↓
ひよどり公園(7枚)
----------------------------------------------------










マサルッチです。


今回も、引き続き、2020年に撮っていた

夕景写真の続編をアップします。


今回の場所は、東京・八王子市の住宅街です。

以前載せた、ひよどり台公園のさらに西側に、

道路と空地越しに視界が開ける場所があり、

そこから、高尾山の真上に僅かに見える富士山

の山頂に夕日が重なっていく瞬間を狙いました。


撮影日は、2020年12月20日(冬至前日)、

またもや山頂の左手で雲がわき続ける日でした。

それでも、ここはダイヤモンド富士が見られる

ボーダー付近の場所のため、冬至の前日なら、

もしや夕日が富士山頂に収まるのでは!?と期待..

しましたが、またまた右に溢れ出ましたとさxx


写真は多めで、全9枚です。

というのも、下見のときは草ボーボーだった

前述の空地にこの日は建設機械が置かれていて、

何か建つとしたら、今後は見える範囲が狭まる

可能性も考え、今回は多めに記録を残しました。

実際はどうなのか全然分かんないんですけどね。


今回も、よかったら、ぜひ見てみてください。






----------------------------------------------------

↓今回の写真↓
ひよどり台公園西側の路上(9枚)
----------------------------------------------------




このページのトップヘ