写真ブログ(byマサルッチ)

2020年01月

マサルッチです。


今回は、スマホで撮った風景写真で、知る人ぞ知る(!?)

埼玉県の荒川支流、びん沼川の風景をアップします。


荒川の近くをほぼ三日月湖に近い形で蛇行してるんで、

荒川の旧流路なんだろうとずっと思っていたのですが、

昔この川が本流だった頃は、荒川は現在の元荒川の流路を

流れていたらしく、びん沼川は入間川の旧流路だそうです。


まぁ、そんな、少し複雑な歴史のあるびん沼川ですが、

実は、関東のヘラ師の間では有名な、人気の釣りスポットで、

今回は、中でも定評のある富士見市の流域を見てきました。

結構混んでいて、極力人が写らないように撮るのが大変でしたよ。


写真は全5枚、2019年9月頃に撮影したものです。

なんか説明下手過ぎで、意味不明でしたらゴメンナサイ。

普通に見てもらえれば、普通に川の風景です。

今回も、よかったら、是非ぜひ見てみてください。





----------------------------------------

↓今回の写真↓
びん沼川の風景(5枚)
----------------------------------------









マサルッチです。


今回は、モノクロ写真です。

さいたま市桜区にある千貫樋(せんがんぴ)水郷公園界隈

の風景をモノクロでアップします。


「千貫樋」というのは、一言でいうと、昔の水門跡です。

「樋」自体に水門を表す意味合いがあり、その前の「千貫」は、

建設費に千貫文(もん)の金額を要した事に由来するんだとか。


ちなみに、「文」というお金の単位からも分かる通り、

最初に造られたのは江戸時代で、壊れやすい木製だったらしく、

今残っているのは、明治時代に造り直されたレンガ製のものです。


正直、水門というよりも、レンガ製のトンネルみたいな印象。

とはいえ、そのレンガもまたイギリス積みで今もちゃんとしていて、

多くの人が昔のレンガに魅了されるのも少し分かった気がします。


写真は、全5枚です。

今回の写真も、よかったら是非ぜひ見てみてくださいです。






----------------------------------------

----------------------------------------








マサルッチです。

あけましておめでとうございます。
今年もヨロシクお願いします。


今回は、今年の初日の出の写真をアップします。
場所は、いつもの東京多摩地区の高台です。

幸いにして、東京の元旦のお天気は、晴れ。

ただ、やっぱ今年も肝心な東の地平線には雲が張り付いていて
またまた雲の中から太陽がのぼってくる初日の出となりました。

特に今年は雲が結構高くて、定刻よりも40分近く遅かったかな。
途中で帰っちゃう人も結構いたし、お天気相手は難しいですね。

今回の写真は、1枚です。
よかったら是非ぜひ見てみてくださいです。





----------------------------------------------------

↓今回の写真↓
初日の出2020(1枚)
----------------------------------------------------













このページのトップヘ