写真ブログ(by masarucchi)

2023年12月


マサルッチです。

今回も、東京からのダイヤモンド富士狙いの続編で、
今シーズンの第32弾(ただし右コロコロ)です。
(※今回も山頂ではなく右に沈む夕日を狙います)

場所は、東京・昭島市の玉川小学校南側付近。
ここは多摩川が形成した河岸段丘の際にあたり、
玉川小前の細い市道の路肩から富士山が望めます。

撮影日は、2023年12月24日です。
今回は久々に富士山の山頂に沈む夕日を撮ろうと
考えていましたが、富士山に笠雲が出ていたため、
再度山頂ではなく夕日が右に来る場所にしました。

写真は、全4枚です。
この日の笠雲は短時間で次々と形を変えていました。
途中でなんとなく小鳥っぽい形になり、もしやこれ
ツイッターバードのようになる?と期待したものの、
結局なりませんでした。そりゃ、自然ですもんね...。

今回の写真も、よかったらぜひ見てください。



----------------------------------------------------
↓今回の写真↓
玉川小学校南側(4枚)
----------------------------------------------------




マサルッチです。

今回も、東京からのダイヤモンド富士狙いの続編で、
今シーズンの第31弾(ただし右コロコロ)です。
(※今回も山頂ではなく右に沈む夕日を狙います)

今回の場所は、東京都昭島市の和田橋北交差点。
奥多摩街道と多摩大橋通りが交差する場所で、
交差点南側の歩道脇などから富士山が望めます。

撮影日は、2022年12月23日(冬至+1日)です。
ここは冬至でも夕日は富士山頂には沈みませんが、
山頂の近くを通過したのち、右稜線を転がります。
今回も、富士山の右下のすそ野に沈みました。

今回の写真は、全5枚です。
1枚目は、この場所からの眺めと周辺の様子。
2枚目は、夕日が富士山の真上を通過するところ。
3枚目は、富士山の右稜線を転がる夕日。
4枚目は、富士山の右下に沈む夕日。
5枚目は、この場所からの日没後の眺め、です。

というわけで、2回連続で右に沈む夕日ですが、
今回も、よかったらぜひ見てください。



----------------------------------------------------
↓今回の写真↓
和田橋北(5枚)
----------------------------------------------------



マサルッチです。

今回も、東京からのダイヤモンド富士狙いの続編で、
今シーズンの第30弾(ただし右コロコロ)です。

今回の場所は、東京都昭島市の多摩大橋北詰。
多摩川の左岸の下流側で、堤防の入口の辺りです。
ここから多摩大橋越しに対岸の富士山が望めます。

撮影日は、2022年12月22日(冬至)です。
多摩大橋から見える富士山には、冬至の日に最も
夕日が近づきますが、冬至でも右下に沈みます。

今回も、山頂右端の白山岳付近にかかった夕日は、
富士山の右稜線の傾斜で全体の約3分の1が入り、
最後は富士山の右下のすそ野に沈んでいきました。

今回の写真は、全3枚です。
1枚目は、右稜線に夕日の約3分の1が入ったところ。
2枚目は、右下のすそ野に夕日が沈んでいくところ。
3枚目は、日没後の多摩大橋と富士山の姿です。

というわけで、山頂に沈む夕日ではありませんが、
今回も、よかったらぜひ見てください。



----------------------------------------------------
↓今回の写真↓
多摩大橋(3枚)
----------------------------------------------------





マサルッチです。

今回も、東京からのダイヤモンド富士狙いの続編で、
今シーズンの第29弾になります。

今回の場所は、東京都八王子市の小宮公園三段広場。
小宮公園の西側にある段々になっている広場から
高尾山の上から顔を出す富士山の山頂が望めます。

撮影日は、2022年12月21日(冬至-1日)です。
この日の東京はすっきりと晴れていて、ほぼ1日中、
細かな雲が出るのみで富士山が見えていました。
この場所は、おそらく冬至でもごく僅かに夕日が
富士山頂から右にこぼれるかどうかの位置にあたり、
迷いましたが、冬至の前日のこの日に行きました。

今回の写真は、全4枚です。
やはり夕日は富士山頂から右に僅かにこぼれました。
とはいえ、これは想定内なので、仕方がありません。
逆に夕日が富士山頂にのる直前には、水鳥の群れが
偶然前を飛んでくれる想定外の瞬間もありました。
ということで、1~3枚目はその写真をのぜています。

水鳥のおかげで少し気分が明るくなれた気がします。
今回も、よかったらぜひ見てみてください。



----------------------------------------------------
↓今回の写真↓
小宮公園三段広場(4枚)
----------------------------------------------------



マサルッチです。

今回も、東京からのダイヤモンド富士狙いの続編で、
今シーズンの第28弾(今回もNG回)になります。

場所は、東京都昭島市の多摩川左岸・郷地町付近。
郷地町は「ごうちちょう」と読みます。
多摩川でダイヤモンド富士を撮ることが出来るのは、
概ねこの辺りが最上流部となります。

撮影日は、2023年12月20日です。
この日の東京は晴れていましたが、ここ数日と同様に
午後からは太陽が薄雲に隠れてしまうパターンでした。
それでも富士山は暗くなるまでしっかり見ていました。

写真は、全4枚です。
案の定、今回も夕日はモヤモヤした状態で沈みました。
富士山には雲もなく良好だったので、ちょっと残念。
1枚目と4枚目は、郷地町の風景として水門(排水樋管)
と多摩川の夕景(日没の前後)をのせています。
富士山も写ってはいますが、スマホだと小さいかも...。

そんなこんなで今回もNG回になっていまいましたが、
今回も、よかったら、是非ぜひ見てみてください。


----------------------------------------------------
↓今回の写真↓
郷地町(4枚)
----------------------------------------------------




このページのトップヘ