写真ブログ(byマサルッチ)

カテゴリ: 夕景

マサルッチです。


今回も、2020年に撮っていた夕景シリーズの続編で

このシーズンのシリーズ最終回になります。


今回場所は、東京・瑞穂町のビューパークです。

ここは狭山丘陵の高台に造られた公共施設で、

スカイホール屋上の展望広場と2階のデッキから

関東山地の稜線に沈む夕日が望めます。

今回は長い階段を避けて2階デッキから撮影です。


撮影日は、2021年12月23日。

この日は撮影に出る予定はなかったものの、

一応、小さめなカメラを持ち歩いていたらば、

面白そうな形の雲が西の空に見えていたので、

我慢できなくなってこの高台に行ってみました。


写真は、全6枚です。

富士山と夕日がもう少し近いとより良いのですが、

冬至+2日でここまで遠いのでどうにもなりません。

とはいえ、ここは関東の富士見百景にも選定されて

いる素敵な眺めですので、よかったら見てください。


ということで、このシーズンの夕景シリーズは

今回分で全てアップロード完了となります。

見てくれてどうもありがとうございました。




----------------------------------------------------

↓今回の写真↓

瑞穂ビューパーク(6枚)

----------------------------------------------------









マサルッチです。


少し間が空いていましたが、

今回は、2020年に撮っていた夕景写真の

続きをアップしてきます。


今回の場所は、何回目の撮影かの

都立小宮公園前(東京・八王子市)。

高尾山の左奥に富士山が並んでみえる場所です。


撮影日は、2020年12月22日(冬至+1日)。

この日は穏やかな晴れでやや霞み気味。

到着時は富士山もよく分からない感じでしたが、

そのときが近づくにつれ富士山が見えはじめ、

日没後はモワッとした珍しい姿が残りました。


写真は、全7枚です。

富士山は本当に色んなパターンの日があって、

毎回違った表情を見せてくれるので飽きません。

今回も、よかったら、ぜひ見てみてください。




----------------------------------------------------

↓今回の写真↓
小宮公園苗圃園前(7枚)
----------------------------------------------------







マサルッチです。


今回も、引き続き、2020年に撮っていた

夕景の写真をアップします。


今回の場所は、東京・八王子のひよどり公園。

前回のひよどり台公園と名前が似ていますが、

歩いて10分位離れた所にある別の公園です。

高尾山の右稜線上に顔を出す富士山の山頂を
北東側の入口付近から臨むことができます。


撮影日は、 2020年12月21日(冬至)です。

ここもダイヤモンド富士が見られるエリアを

僅かに外れていますが、多分、冬至前後なら

夕日が富士山を掠めるのでは?と妄想し続け

NGだった2018年以来のリトライでした。(※1)


写真は、全7枚です。

到着時は、太陽と高尾山だけが見えていて、

富士山は霞の向こう側な感じでしたが、

時間が近づくと富士山のシルエットが登場。

富士山を掠める太陽を無事確認できました。


今回の写真もよかったらぜひ見てください。




----------------------------------------------------

↓今回の写真↓
ひよどり公園(7枚)
----------------------------------------------------










マサルッチです。


今回も、引き続き、2020年に撮っていた

夕景写真の続編をアップします。


今回の場所は、東京・八王子市の住宅街です。

以前載せた、ひよどり台公園のさらに西側に、

道路と空地越しに視界が開ける場所があり、

そこから、高尾山の真上に僅かに見える富士山

の山頂に夕日が重なっていく瞬間を狙いました。


撮影日は、2020年12月20日(冬至前日)、

またもや山頂の左手で雲がわき続ける日でした。

それでも、ここはダイヤモンド富士が見られる

ボーダー付近の場所のため、冬至の前日なら、

もしや夕日が富士山頂に収まるのでは!?と期待..

しましたが、またまた右に溢れ出ましたとさxx


写真は多めで、全9枚です。

というのも、下見のときは草ボーボーだった

前述の空地にこの日は建設機械が置かれていて、

何か建つとしたら、今後は見える範囲が狭まる

可能性も考え、今回は多めに記録を残しました。

実際はどうなのか全然分かんないんですけどね。


今回も、よかったら、ぜひ見てみてください。






----------------------------------------------------

↓今回の写真↓
ひよどり台公園西側の路上(9枚)
----------------------------------------------------




マサルッチです。


引き続き、今回も、2020年に撮っていた

夕景の写真の続きをアップしていきます。


今回の場所は、2019年の撮影で雲NGだった

東京・立川市の旧けやき台小学校西側です。

諦めきれずに一年越しでリトライしました。


撮影日は、2020年12月18日(冬至3日前)です。

この場所では、年間を通じて太陽は富士山頂を

右側へ越えるため、国交省のいうダイヤモンド

富士の定義(*1)に該当する夕景は見られません。

それでも、太陽が富士山頂に最接近する冬至の

前後にどこまで寄るかを見てみたかったんです。


今回の写真は、全7枚です。

結果は、思っていたよりもいい感じで大満足!!

…のはずが、今回も肝心なとき&肝心な場所に

急に雲が来て、少し微妙な感じで終わりました。

まぁ、これがリアルなので仕方がないですねx


今回も、よかったら、ぜひ見てみてください。




----------------------------------------------------

----------------------------------------------------





注 (*1)国土交通省関東地方整備局

ダイヤモンド富士の定義

https://www.ktr.mlit.go.jp/chiiki/chiiki00000112.html




このページのトップヘ